読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと(仮)

2016/3/25産まれの娘と私の成長記録

育児アカウント

Twitterで育児アカウントを作ったんです。Twitterの中で近い月齢の赤ちゃんのいるお父さんお母さん(ほとんどお母さん)をフォローし合って、皆で励ましあって助け合って育児している。息を潜めているようなそんな感じがする。

というのも、昨日書いた内容と繋がるかも知れないけども、育児中の母親(もしくは父親だけどほとんど母親)って、どうやら弱者らしい気がするから。いや、そんなもんで弱者っていうなよって言われるかな。その通りで、これで弱者なんて言ったら恵まれてると怒られそうだ。そして世の母親からも怒られそうなので、あくまでも私個人が感じるところなんだけど、初めて子供を持つ事で、今まで出来てた事が出来なくなって、はじめて「不自由」を実感しているのだ。社会との繋がりも途絶えて(私の場合そもそもそんなに繋がってなかったけど)、飲みにも行かず、毎日子供と向き合って家とスーパーの往復で、スーパーでも子供が泣いたら途端に肌が痺れるような気分になって、そんな事より「うるせぇぞ」って包丁持った男がその角に隠れてるんじゃないかな?とか、歩道に出たら出たで、車が突っ込んできたらどうしよう?とか、それ以前に抱っこ紐のホックが取れて子供が落ちたらどうしよう?とか、完全に強迫性障害です。命の重さに戦いてる。それは自分より大切な命なので。分かってるんだけども。そして、この強迫性障害は、「今日も我が子は生きてる」という成功体験を一日一日積み重ねて行く事ができるけど。

実際の「不自由」と神経の「摩耗」でクタクタなんだけど子供と触れ合ってるときは笑顔でいたい。育児は大変だけど、楽しい面をなるべく見つめていきたい。そんな気持ちを、言葉にしなくても共有できる、名前も顔も知らない人たち。だから、やっぱりなんか、社会から隠れて、身を寄せあって生きてる、みたいな気分になってしまう。育児アカウント楽しいです。